お客様のキャッシュフローを最大化するために、何ができるかを常に念頭に考えています。

お問い合わせ
Q & A

不動産投資Q&A

HOME > 事業内容 > 不動産投資Q&A

これから不動産投資をお考えの人へ

  • Q

    1. 不動産投資がいいとよく聞きますが、何が良いの?

    A

    投資の中で唯一、融資を利用できるからです。また、売却益(キャピタルゲイン)の他に家賃収入(インカムゲイン)があり、月々不労所得を得られます。そして、生命保険代わりや節税につながるなど、他にもさまざまなメリットがあります。
  • Q

    2. 全くの初心者ですが、何から始めればよいですか?

    A

    入門書などを読んでもいいかもしれませんが、昨今ですと各地で多くのセミナーが開催されていますので参加してみるとよいでしょう。弊社でも定期的に銀行と共同でセミナーを開催しておりますので、ご参加をお勧め致します。
  • Q

    3. 不動産投資というと、お金持ちがやるイメージだけど・・・

    A

    近年ではサラリーマン大家という言葉があるように、一般企業に勤めているサラリーマンの方が不動産投資をしていることが珍しく無くなってきました。理由はさまざまですが、資産が作りやすく、定期的に安定した不労所得を得られることなど多くのメリットがあることから、多くの方が始められております。
  • Q

    4. 不動産会社を通して購入するメリットって?

    A

    不動産会社は、インターネット等の一般に出回っていない物件情報を持っていることがあります。また、日頃から多くの物件情報を見ているため、相場感や物件の特徴を把握しております。
  • Q

    5. 物件選定後の流れって、どういう流れ?

    A

    当社の場合だと、下記のようになります。
    • 契約・重要事項説明
    • 銀行へ融資の打診
    • 銀行との金銭消費者貸借契約
    • 決済・物件お引き渡し
    上記の流れを、弊社の担当は1か月以内にスピーディーに行います。
  • Q

    6. 株式投資やFX等の投資との違いは何?

    A

    株式投資やFX等は銀行から融資を受けて投資を始めることができません。また、金融商品は価格の変動が大きく、そのぶんリスクも大きいと言われています。
  • Q

    7. 不動産投資って副業になるの?

    A

    不労所得を得られるので、副業として成り立ちます。なお、投資で得たお金は所得となりますので、確定申告をする必要も出てきます。

一棟マンションについて

  • Q

    1. 普通のサラリーマンでも一棟マンションを購入できるの?

    A

    可能です。まず大抵の方は、購入するために銀行からの融資を利用します。融資についてですが、各銀行によって融資をする方の属性というのが異なっております。
  • Q

    2. すごい金額になるイメージですが、実際のところは?

    A

    当社が提案している物件価格は、平均1 億円前後となっております。

メリット、デメリット・リスクについて

  • Q

    1. 生命保険代わりになると聞きますが、どうして?

    A

    不動産購入時に団体信用生命保険という保険に加入していただきます。加入していないと、万が一ご購入者様が死亡してしまった場合、ローンの返済債務がご家族に回ってしまいますが、加入していた場合、債務が無くなります。
  • Q

    2. 購入後に災害とかがあったらどうなるの?

    A

    まず大切なことは、物件選定時に災害リスクがどの位あるのかを確認することです。それでも地震などの災害は起こったら避けられないため、万が一の地震保険に加入しておくことをお勧め致します。
  • Q

    3. 空室リスクはどうなの?

    A

    弊社では、物件引き渡し時に空室があった場合、1年間の家賃保証を付けております。

購入後について

  • Q

    1. 管理が大変だと聞きますが、実際のところはどうですか?

    A

    物件を取得した後は、賃借人の入退去の管理や物件管理などをする必要があります。入退去の多い物件や修繕・賃借人からのお問合せが多くなると、それに応じて管理会社とのやりとりも多くなります。
  • Q

    2. 賃貸管理会社って、具体的には何をしてくれる会社なの?

    A

    物件管理、入退去の管理と立ち合い、空室時の入居者募集等になります。主に賃借人と直接にやりとりするのはこの賃貸管理会社です。

融資について

  • Q

    1. 融資は私でも受けられるの?

    A

    銀行によって融資の条件というのが変わります。
  • Q

    2. 自己資金をあまり入れずに融資を利用して不動産投資を考えているのですが、危険でしょうか?

    A

    あくまでも融資は借金とは別物です。銀行は債務者が返済が難しそうなものには融資をしません。また、借金と違うという考え方ですが、融資を利用して得た不動産は資産として残り、新たな所得を生みます。また数千、数億という金額を多くの企業も銀行からの融資で規模の拡大等を図り収益の拡大をしております。借金をして購入したもの等は、大抵の場合、新たな所得を得ることは無いと思います。
  • Q

    3. 借金してまで不動産投資をするメリットってなに?

    A

    大抵の場合、不動産は高額になります。そのため、貯蓄をしてから物件を購入すると、いつまで経っても始められなかったり、始められたとしても高齢になってからということになってしまいます。そこで、機会損失を防ぐために、銀行からの融資を利用するのです。

物件選びについて

  • Q

    1. 中古物件と新築物件、何が違うの?

    A

    新築物件は修繕の心配はいりませんが、賃借人がいない状況で不動産経営がスタートするので、不動産を取得した後に賃借人を募集しなければいけません。また、新築はブランドですので、賃料はその後ほぼ下がります。一方、中古物件の場合、すでに賃借人が付いている状態での不動産の取得になりますので、購入した月から家賃を得られることになります。築年数や周辺の家賃相場との関係性もありますが、落ち着いた賃料設定になっていることになります。
お問い合わせ・資料請求

ご意見、ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合わせください。
折り返し担当者より返信させて頂きます。

お問い合わせ・資料請求